PTCサーミスタ・低抵抗セラミックPTC|マキシマム・テクノロジー

車載用・ドアミラー用の低抵抗PTCの製造・販売の事なら株式会社マキシマム・テクノロジーにお任せください。
会社概要

名 称

株式会社マキシマム・テクノロジー

代表者

槇島 正夫

所在地

〒213ー0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1
     かながわサイエンスパーク(KSP)東棟510

電話番号

044-589-4511

FAX番号

044-589-4512

設 立

平成18年8月

資本金

700万円

事業内容

電子部品の研究・開発・製造販売

アクセスマップはこちらから

事業内容

・当社が開発・発展させた液相法によるチタン酸バリウム製造技術をベースとして、
低抵抗PTCの応用展開を進めています。

・市場情報を基に新しい電子部品の開発を推進し、世の中に貢献します。

■代表者職歴および会社履歴■

1990年 ニチアス株式会社において電子部門の責任者としてセラミックPTCの研究を開始
1998年 蓚酸塩法による世界一低比抵抗のPTCを開発・製品化
自動車用ドアミラー部品として採用される
1999年 本社新規事業開発部長と浜松研究所電子部品室長を兼務
キャブレター用PTC製品を開発し、二輪部品メーカーに採用される
2006年8月 ニチアス株式会社を退職
PTC開発メーカーとして株式会社マキシマム・テクノロジーを設立
同代表取締役社長に就任
2008年2月 ISO9001(2000年度版)を取得
2008年6月 研究内容が神奈川県「大学発・大企業発ベンチャー創出進モデルプロジェクト事業」に採択される
2009年8月 研究内容が独立行政法人科学技術振興機構(JST)の「重点地域研究開発プログラム」に採用される
2009年11月 研究内容が財団法人中小企業ベンチャー振興基金の助成事業に
採択される
2011年6月 製品開発が神奈川県「中小企業新商品開発等支援事業」に採択される
品質保証品質保証